ブラック マザー オブ パールを採用した クロノマット B01 42 ジャパン エディションから、希少なダイヤモンドワークスモデルが登場

2021年6月、ブライトリングは新しくなったクロノマット コレクションでは初となるマザー オブ パールを採用した日本だけの特別モデルを発表。この度、その日本限定モデルからホリデーシーズンにぴったりのダイヤモンドワークスモデルが登場します。ベゼルに112個のダイヤモンドが贅沢にあしらわれた、まばゆい輝きと共に圧倒的な存在感を放つ本作。ケースバックから美しいマニュファクチュールキャリバー01を鑑賞することができ、25本限定の証が刻まれています。

 

あらゆる要望に応える万能スポーツウォッチ、クロノマット

クロノマットは、ブライトリングの歴史の中で重要な位置を占めるモデルです。発売された1984年は、極薄のクォーツ時計が隆盛を極めていた頃。ブライトリングは極めて印象的な機械式時計で大胆な賭けにでたのです。かの有名なイタリア空軍とのコラボレーションによって1983年に開発・発表されたフレッチェ・トリコローリ・クロノグラフをもとに、クロノマットは100年にわたって築き上げてきたブライトリングのスタイルを祝し、機械式クロノグラフをブランドの本来の重要な位置へと連れ戻しました。こうして、この素晴らしい時計に対する世界的な評価が確立したのです。この新しいクロノマットは、湾曲しないラグを備えた42㎜のケースに、ライダータブを4カ所配したアイコニックなベゼルを装備。さらに独特な「ルーロー」ブレスレットが際立ちます。

 

クロノマット B01 42 ジャパン エディション ブラック マザー オブ パール 

新しいクロノマット コレクションでは初めてマザー オブ パール文字盤を採用した本作。真珠母貝の文字盤は、その唯一無二の美しさから日本では常に高い人気を誇るディティールです。今回は、このブラック マザー オブ パールのダイヤルを採用したクロノマット B01 42 ジャパン エディションから、大変希少なダイヤモンドワークスモデルが登場。ベゼルには1.03カラットのダイヤモンドを112個セッティング。大胆でラグジュアリー、ひときわ美しいエレガンスを演出します。機能性を維持しながら圧倒的な美しさと存在感を兼ね備えたタイムピースには、精度と信頼性における最高の認定基準であるCOSC 公認クロノメーター、キャリバー01 を搭載。サファイアクリスタル越しにその美しいムーブメントを覗き込むことができ、ケースバックには25本限定の証が刻まれています。

税込価格 1,826,000円 / 日本限定25本販売 / 全国のブライトリング ブティック、スピリット・オブ・ブライトリングにて発売中