Made by Breitling 品質向上への絶え間ない努力

動画をみる
Made by Breitling
Breitling - ムーブメント

ムーブメント

ブライトリングは、創業以来、時間計測のリーダーとしてクロノグラフの技術的発展において主要な役割を果たしてきました。例えば、リセット専用の第2クロノグラフ・プッシュボタンを発明して腕時計クロノグラフの今日見られる形態を完成させ、1969年には世界初の自動巻クロノグラフ・ムーブメントを完成しました。ブライトリングは、その歴史を通じて信頼性と耐久性にあふれた高精度のムーブメントでその名を知られてきました。2009年、ブライトリングは革命的なアーキテクチャーを持つハイパフォーマンスなクロノグラフ・ムーブメントを発表し、完全自社開発・製造の機械式クロノグラフ・...

さらに詳しく
Breitling - ケース

ケース

ブライトリングのケースは、プロフェッショナルのパートナーとして、最も苛酷なミッションにも耐えられるように設計・製作されています。すなわちすべての仕様が、最も苛酷な条件下での集中的な使用に耐え、衝撃を受けた際も最高の安全性を確保できるよう設計され、検査が行なわれています。

さらに詳しく
Breitling - 文字盤

文字盤

高度に洗練されたデザイン、サブダイヤルなどのデリケートな段差...。ブライトリングのタイムピースとクロノグラフの文字盤には、最先端技術を応用した製造プロセスと、伝統的なクラフトマンシップが共に欠かせません。各々の文字盤は、インスツルメント・パネルのように、一目で情報が読み取れる視認性を備えています。

さらに詳しく
Breitling - 指 針

指 針

ブライトリング・クロノグラフの、著名な「B」の文字をかたどったセンター・クロノグラフ秒針のような指針の製造には、細心の配慮と、数多くの工程が必要です。許容誤差はゼロに近く、取扱いにも最大の注意を必要とします。今日、ブライトリングの自社基準に準拠して指針を製作し、仕上げることのできるメーカーは本当に数が少ないのです。この細部へのこだわりは、ブライトリングのすべてのタイムピース、クロノグラフで用いられている指針に、例外なく適用されています。

さらに詳しく
Breitling - サファイアクリスタル

サファイアクリスタル

ブライトリングのタイムピース、クロノグラフは、すべて傷のつきにくい両面無反射コーティング処理済サファイアクリスタル・ガラスを装着しており、高い耐久性と、あらゆる条件下での最高の視認性を実現しています。

さらに詳しく
Breitling - ブレスレット

ブレスレット

定評あるブライトリングのブレスレットは、強度、快適な装着感、エクスクルーシブなデザイン、ハイエンドな仕上がりによって他を圧倒しています。毎日の使用条件の下で引張りやねじれといった力に耐え得るブレスレットの製造には、ブライトリングが独自に開発した製造方法と技術が導入されています。

さらに詳しく
Breitling - 検 査

検 査

最高の技術的、審美的基準をクリアするため、ブライトリングは常に最も評価の高いサプライヤーのみを用い、最高の設備を誇る専門メーカーとのみパートナーシップを結んでいます。そればかりではなく、ブライトリングは厳格で体系的な検査プロセスを独自に開発し、これを実施しています。ブライトリングのクロノメーターは、全製造工程を通じ、1,000をこえる検査をクリアしています。

さらに詳しく
Breitling - ケーシング

ケーシング

時計のパフォーマンスは、ケーシング(ムーブメントをケースに入れる作業)を行なう工房の空気の質によっても左右されます。例えば、湿度の高すぎる室内でケーシングが行なわれた時計は、温度が下がると内部に結露が起る可能性があります。ブライトリングは、どんな苛酷な条件下でも最高のパフォーマンスを実現するため、温度と湿度を各エリア毎にモニターする、最先端の工場設備の下で製造されています。

さらに詳しく
Breitling - 研究開発

研究開発

ブライトリングは、その歴史を通じてムーブメントと外装に関する数多くの技術革新と技術的改良を行なってきたことで知られています。今日、R&D部門では最高の人材を揃え、完璧さの絶え間ない追求というこの伝統を継承し、発展させています。ラ・ショードフォン市の「ブライトリング・クロノメトリー」は、時計産業界で最も充実した研究開発施設のひとつを擁しています。

さらに詳しく
Breitling - アフターサービス

アフターサービス

ブライトリングのタイムピース、クロノグラフは、広範な使用条件の下で24時間、365日、連続して使用される、きわめて高度な計器です。ですから、長期にわたってパフォーマンスと信頼性を維持するために、定期的に専門家の手によってオーバーホールを行なう必要があります。

さらに詳しく