ブライトリング、宮城県名取市で国内4度目のビーチクリーンアップを実施。海洋保全活動をサポートし、#SQUADONAMISSION to do betterを遂行します

スイスの高級時計メーカー、ブライトリングは昨年に続きICC(国際海岸クリーンアップ)に参加。10月29日に宮城県名取市にて国内4度目となるビーチクリーンアップを行いました。海を愛するプロサーファーの加藤嵐氏、隣県・福島を拠点に活動するブライトリング パイロットの室屋義秀氏をゲストに迎え、日本におけるICCの推進や結果の取りまとめを担う(社)JEANや、この活動に賛同するブライトリング・ユーザーとともに実施。ブライトリングは、自社のビジネスが及ぼす社会的・環境的影響の最適化にベストを尽くすミッションを帯びた“スクワッド”であると自らを定義。製造工程の改善や再生素材の採用、環境保護や人道支援のみならず、社会および環境にポジティブなインパクトを与えられるよう、サステイナブルな変革のための様々なアクションを起こしています。

 

ICC(国際海岸クリーンアップ)
ICCのナショナルコーディネーターである一般社団法人JEANの協力のもと、2022年10月29日、宮城県名取市でビーチクリーンアップは行われました。ブライトリング・ジャパンは、3次元モータースポーツシリーズ、レッドブル・エアレースワールドチャンピオンシップで2017年アジア人初の年間総合優勝を果たしたブライトリング パイロットの室屋義秀氏、JPSA3連覇の実績を持つプロサーファーの加藤嵐氏を迎え、この活動に賛同する有志約30名とともに参加。200mにわたるエリアで45品目2000個にのぼるゴミを収集。ICCのユニークな手法に則り、拾ったゴミを分類し、データカードに記入。これにより地域ごとのゴミの特徴が見え、分析することで、問題点の洗い出し、また漂流ルートや漂着点などを導き出せることから、ゴミ問題を地球規模で俯瞰できるのです。今回集められたデータは、JEANを通してオーシャン・コンサーバンシーに報告されます。

 

ブライトリングとサステイナビリティ
ブライトリングは2021年から、ブランド独自の「サステイナビリティ・ミッション・レポート」を毎年発表しています。ラグジュアリーウォッチメーカーとして環境、社会、管理・運営業績の目標を達成するための活動に焦点を当て、サステイナビリティのロードマップ #SQUADONAMISSION to do better を詳しく紹介しています。このレポートは、ブランドのサステイナビリティに関する取り組みの進捗状況を追跡したもので、製品(Product)、地球(Planet)、人々(People)、繁栄(Prosperity)、発展(Progress)の5つのPを柱にした今後の目標を掲げています。ブライトリングのジョージ・カーンCEOは「当社にとってサステイナビリティはプロジェクトではありません。それはビジネス変革の旅の一端です。私たちは、より良い素材、より良い製造、より良いパッケージングで美しい製品と体験を生み出すことにより、この変化を推進します。一度にすべてを実行できませんが、一歩一歩、当社の影響力が及ぶ範囲内でできる限りのことを行っています」と語ります。


ブランド初のトレーサブルウォッチ
2022年、ブランド初のトレーサブルウォッチ、スーパー クロノマット オートマチック 38 オリジン を発表。使用されるゴールドとラボグロウンは認定基準を満たすサプライヤーから調達し、ブロックチェーンに基づくNFTによりその透明性を証明することができます。
プラスチック廃棄物の削減
2020年、ブライトリングは業界初となる100%アップサイクルされたペットボトルによる、再利用可能な折りたたみ式ウォッチボックスの導入を発表。平たく折りたたんで輸送量を大幅に削減できる新パッケージへの移行により、導入以後二酸化炭素換算2,600トン以上の排出量を削減し、260,000kg弱のPET素材の埋め立てを回避することに成功しました。同様に、ブライトリングはサステイナブルなアパレルブランド、アウターノウンと協働で、世界の海から回収されたナイロンをアップサイクルした素材を使用したストラップを製造しています。
気候変動に対するアクション
ブライトリング本社の事業全体で100%再生可能エネルギーへの移行、従業員が利用するSWISS運航の全フライトでサステイナブルな航空燃料を購入、といった質の高いカーボンオフセットプロジェクトへの投資と、社内での取り組みを組み合わせることで実現しています。
戦略的パートナーシップ
ブライトリングのサステイナビリティのパートナーの一つがオーシャン・コンサーバンシーで、彼らと共に、より健康でゴミのない海を目指す活動に積極的な役割を果たしています。また「都市の再野生化」に取り組む非営利団体SUGiとのパートナーシップを通して、ブライトリングは日本を含む全世界において合計18,550本の植樹を行い、7カ国で約195種の在来植物を復元しました。そして、アフリカ大陸の遠隔地に自転車を供給する組織クベカとのパートナーシップでは、通勤、通学、通院の足となり住民の生活を改善する2,000台以上の自転車を提供するなど、さまざまなパートナーシップのもとに活動をしています。