ブライトリング、新しいナビタイマー コスモノートを発表オリジナルの「宇宙に飛んだ初のスイス製腕時計」も1962年のミッション以来初公開

宇宙船オーロラ7号打ち上げ60周年を迎え、24時間ダイヤルを備えた神話的な時計が、歴史的ミッションに敬意を表す新モデルとして、再び飛び立つことになりました。60周年を記念して、ブライトリングは1962年以来初めてオリジナルのコスモノートを公開し、この時計の素晴らしいストーリーを披露しました。

1960年代、ブライトリングのナビタイマーは誰もが認めるパイロットウォッチでした。しかし世界の関心は急速に空の旅を越えて宇宙開発へと移り、別の種類の宇宙開発競争が密かに進行していました。今度は時計メーカーの間で、世界初の宇宙飛行士用腕時計を開発しようと競うようになっていたのです。

ブライトリングはパイロットウォッチで培ったノウハウにより、一躍トップブランドとなります。1962年5月24日、宇宙飛行士スコット·カーペンターがマーキュリー·アトラス7号のミッションでナビタイマー コスモノートを着けて地球を3周してから、ブライトリングは正式に「宇宙に飛んだ初のスイス製腕時計」の称号を得ました。この腕時計はカーペンターの個人的な要望に応えたもので、彼が飛行士とした活躍していた頃に目にしたアイコニックなパイロットウォッチに、宇宙で昼と夜を区別するための24時間表示ダイヤルを追加したバージョンでした。

ミッション60周年となった今日、ブライトリングはカーペンターのオリジナルのナビタイマーコスモノートを公開するのみならず、その現代版トリビュートを発表しました。宇宙船が地球を周回した年と、有人宇宙飛行の重要な一歩を踏み出した歴史的な年を記念して、シリアルナンバー付き限定362本が特別にリリースされます。

ブライトリングのジョージ·カーンCEOは「今年、新デザインのナビタイマーを発表したとき、誰もが『コスモノートは?』と尋ねました。今日、ついに二つのコスモノートを披露できることを非常に嬉しく思います。一つは初公開するスコット·カーペンターが宇宙で着用していた時計、そして歴史的な先駆けとなったこの時計に対するトリビュート、60周年記念リミテッドエディションです」と語ります。

初の一般公開となる宇宙航空史の一端 

1962年5月24日、打ち上げ5時間後に、カーペンターが搭乗していたオーロラ7号の宇宙カプセルは大西洋に無事着水しました。回収作業は3時間続き、長時間海水に漬かった結果、カーペンターのコスモノートは修理不可能なほど損傷を受けてしまいます。ブライトリングはすぐに彼の時計を取り替えましたが、破壊され腐食した、この宇宙航空史に残る時計は、ブライトリング家に未修復のまま保管され、広く知られることはありませんでした。これは、今日までのお話です。

歴史的な飛行からちょうど60年が経った今、チューリッヒで開催される宇宙をテーマにしたイベントで、選ばれたコレクター、ジャーナリスト、時計愛好家たちに偉大なスペースウォッチが初めて公開されました。それは、ジョージ·カーンと元NASA宇宙飛行士のスコット·ケリーが共催した、活気あふれる交流会の午後でした。ゲストスピーカーにはカーペンター家の家族、グレゴリー·ブライトリング、歴史家でコレクターのフレッド·マンデルバウムといった豪華な顔ぶれが揃います。パネリストたちは、コスモノートの製作、カーペンターのミッションの重要性、そしてそのどちらもが当時の宇宙開発計画にいかに適合していたかを振り返りました。

また、かつて宇宙飛行士ジョン·グレンが所有し、2019年にグレゴリー·ブライトリングがオークションで落札したコスモノートが展示されました。

蘇る記念すべき24時間表示の時計

コスモノートは、真のナビタイマーと言えるでしょう。数学的演算を行うための回転計算尺、国際オーナーパイロット協会の「ウィング」ロゴ、3つのクロノグラフカウンターといったブライトリングの象徴的アビエーションウォッチの特徴をすべて備えています。同シリ ーズの他のモデルとコスモノートの決定的な違いは、24時間表示の機能。ブライトリング マニュファクチュール キャリバーB02は、このために特別に設計されたのです。

新しいコスモノートは、オールブラックダイヤルにブラックアリゲーターストラップあるいは7連のステンレススチール製ブレスレットと、一見時代を越えてオリジナルを忠実に再現したかのように見えます。しかしよく見ると、エレガントなプロポーションの41 mmモデルには新たな特徴を備えています。その一つ、プラチナのベゼルは、シリアルナンバー付きのエディションにコレクターズアイテムとしてのプレミアム価値を加えています。

もう一つが、ブリッジに記念のエングレービングを施したB02ムーブメントを見ることができるサファイアクリスタル製のケースバックです。ブリッジには、「Carpenter(カーペンター)」、「Aurora 7(オーロラ7号)」、「3 orbits around the Earth(地球3周)」の文字と、NASA初の有人宇宙飛行に選ばれた7人の宇宙飛行士からなるオリジナルグループ名「Mercury 7(マーキュリー7)」が刻まれています。

他の時計ブランドでも宇宙初を謳っているところがありますが、「宇宙に飛んだ初のスイス製腕時計」を名乗れるのはブライトリングだけです。それまでに軌道に到達したスイスのタイムピースは、ストラップ付きのポケットストップウォッチのみでした。さて、宇宙で着用され宇宙飛行士の要望に応じて設計されたコスモノートは、1962年に販売開始となった際もそのスペックは忠実に守られました。24時間表示のタイムピースがコレクターの人気の的になっただけでなく、他の宇宙飛行士たちの腕にも頻繁に装着されるようになりました。

今日のコスモノートは、激しく競いあいながらも、すべてのミッションが人間の創造力の勝利であった時代における、宇宙旅行への原点回帰です。この新しいモデルはオリジナルの美学を再現しながらも、繊細なアップデートによってモダンレトロな魅力を放っています。仕上げとして、ケースバックにはカーペンターのミッション日、「ONE OF 362」、そして「First Swiss wristwatch in space(世界初の宇宙に飛んだスイス製腕時計)」というフレーズが刻印されています。