ブライトリングのヘリテージが蘇る

ブライトリング創業者の発明精神にインスパイアされた新しいプレミエ ヘリテージ コレクションは、今を生きる目の肥えた、趣味の良い人々のために造られました。ブランドの中でも最もエレガントで洗練された、比類なきタイムピースです。

「ブライトリングの最も有名な革新技術のいくつかを具現化した頃の歴史的なデザインに、スタイリッシュでモダンなテイストを加えました。これにより、近代クロノグラフを発明してきたブライトリングのヘリテージが復活したと言えます」 ジョージ・カーンCEOは、ブライトリングの時代を超越したエレガントな新コレクションについてこう言及しています。

プレミエ ヘリテージ コレクションは、ブライトリング独自のファウンダーズ・スクワッド(計時の歴史を変え、今日のブライトリングを築いた3世代のリーダー)に敬意を捧げるコレクションです。レオン・ブライトリングは1884年に会社を設立し、その後、時速15~150kmまでのあらゆる速度を測定できるシンプルなタイマー/タキメーターの特許を取得。その後1906年にはポケットウォッチ「ヴィテス」を発表しました。

1915年、その息子のガストンが、2時の位置に独立したプッシャーを配した、初の腕時計型クロノグラフのひとつを開発しました。この革新的な技術により、スタート、ストップ、リセットの機能がリューズから分離され、スポーツにおけるタイム計測の実用性が格段に向上しました。

1934にはレオンの孫ウィリーが、4時位置に2番目の独立したプッシュボタンを備えたクロノグラフで特許を取得しました。ウィリー・ブライトリングの先駆的な業績として、1938年のユイット・アビエーション部門の設立が挙げられます。

非の打ちどころのない趣き

大胆で技術に精通するばかりでなく、ウィリー・ブライトリングは人々がエレガンスや魅惑的な雰囲気も求めていることを察知していました。このことに触発されたウィリーは、1940年代、目的とスタイルを結びつける上でブライトリングにとって最初の一歩となる、オリジナルの腕時計「プレミエ」を生み出しました。ウィリーはこれを見た時、こう考えていたのです。「人が時計を身につける時、それは紛れもなくその人の趣味の表れとなる。」

最新のプレミエシリーズとなる、ブライトリング プレミエ ヘリテージ コレクションは、この時代を超えたエレガンスを蘇らせたものです。このコレクションでは、6種のバリエーションを3つの特徴あるカテゴリー「クロノグラフ」「デュオグラフ」「ダトラ」に分類しました。

すべてのモデルには、アラビア数字、ヴィンテージから影響を受けたデザインの針、同色ステッチが施された僅かに光沢のあるアリゲーターストラップが採用されています。どのウォッチもCOSC認定のマニュファクチュールクロノメーターで、100Mの防水性を備えています。

画期的な機能

40mmの「プレミエ B09クロノグラフ 40」は、1940年代のオリジナルモデルと同様、手巻き式。その原動力は、ブライトリング・マニュファクチュールキャリバー01をベースとしたキャリバーB09です。目を惹くピスタチオグリーンのダイヤルにステンレススチールのケースの仕様と、18Kレッドゴールドのケースにシルバー文字盤という品のあるデザインの2種類を用意しました。

「プレミエ B15 デュオグラフ 42」は、ステンレススチール製ケースにブルーのダイヤル、18Kレッドゴールド製ケースにブラックのダイヤルをあしらいました(ケース径42mm)。時計製造で最も精巧な機能のひとつであるラトラパンテ機能は、2本のクロノグラフ針を持ち合わせることで、2つの経過時間を同時に計測することができます。

このモデルには、ブライトリング マニュファクチュールキャリバーB03をベースとした、機械式手巻きのブライトリングのマニュファクチュールキャリバーB15が搭載されています。

1940年代のオリジナルモデルと同様、42mmの「プレミエ B25 ダトラ 42」は、曜日、日付、月の表示など、視認性の高い複雑機能を備えているのも特徴です。このモデルは、マニュファクチュールキャリバーB25を原動力としています。ダトラでは、カッパー(赤銅色)のダイヤルをステンレススチール製のケースに、シルバーのダイヤルを18Kレッドゴールド製のケースに採用しました。

プレミエ ヘリテージ コレクションの3つのモデルはいずれも、世代を超えて進化してきたブライトリングの卓越した時計技術を具現化したものです。